すぐにわかる!ビットコインの入手方法や投資理由がわかる6つのポイント

仮想通貨には何があるの?

一攫千金したい!と思っている方は多いと思います。
僕も億万長者を目指して、宝くじを買ったり、競馬などのギャンブルをやってきました。
でも、全然儲からなくて、結局は赤字。
株やFXの投資も考えてみたものの、専門知識が無いと難しそうだなと諦めました。
そんな時、同期がビットコインの投資で儲かったという話を耳に。
ビットコイン?仮想通貨?少額から始められる?
興味がわいたので、僕なりにビットコインについて調べてみました。

ビットコインは仮想通貨
ビットコインは仮想通貨の1つになります。
仮想通貨とはデジタル上のお金で、現物(紙幣は硬貨)はありません。
ビットコインを使って支払いをしたり、ビットコイン保有者同士で送金ができたりします。

ビットコイン以外の仮想通貨は、まとめてアルトコイン(altcoin)というそうです。
coinmarketcap.comを参考に仮想通貨を時価総額の多い順に並べてみました。
ちなみにcoinmarketcap.comを見ると仮想通貨は1048種類ありました。
※coinmarketcap.comは世界中の仮想通貨の時価総額を確認できるサイトです
※2017年8月調べ

1位:Bitcoin $55,741,267,805
2位:Ethereum $28,530,345,835
3位:Ripple $7,006,531,883
4位:Bitcoin Cash $4,847,344,759
5位:NEM $2,639,016,000
6位:Litecoin $2,503,850,184
7位:ITOA $1,516,989,802
8位:Dash $1,507,490,710
9位:Ethereum Classic $1,462,193,519
10位:NEO $1,316,490,000

ビットコインが圧倒的に時価総額が高いのがわかります。
ビットコインはで一番使われている仮想通貨と言えると思います。

仮想通貨の入手方法

ビットコインをはじめとした仮想通貨はどこで手に入れることができのでしょうか?

仮想通貨を買う
仮想通貨は基本的には買うことで入手することができます。
円やドルを使ってっ仮想通貨を買います。
この仮想通貨の価格(価値)が変動するため、投資対象となっています。
※買う以外の方法もありますが、一般人向きではありません

仮想通貨を買う場所
仮想通貨はと主に「取引所」と呼ばれるところで買うことができます。
取引所とは、ビットコインの売り/買いをすることができるオンライン上のプラットフォームです。
株の売買をイメージするとわかりやすいかと思います。

取引所は日本国内に限らず海外にもあります。
初心者の内はできるだけ安全な国の取引所を利用した方がよいでしょう。
例えば、日本では2017年4月に仮想通貨に関する新しい制度が開始されました。
仮想通貨交換サービスが適切に実施されるようにと制度を定めた法律の施行です。
なので、まずはじめは日本の取引所を使うことがよいかと思われます。

日本国内で有名な取引所だと、coincheck(コインチェック)やbitFler(ビットフライヤー)などがあります。
アルトコインの取り扱いもあるようです。

仮想通貨に投資するべき?

ビットコインをはじめとする仮想通貨について何となくわかってきましたね!
では、そもそも仮想通貨に投資するべきなのでしょうか?

例えば、株やFXに置き換えてみた場合、
株やFXも基本的には、安い時に買い、高くなったら売って、その差分が利益になります。

仮想通貨も同じで、
例えば、今であれば1万円で買える仮想通貨が、将来的には10万円出さないと買えないかもしれない、という予測の元に行う投資になります。

仮想通貨の市場が伸びている現実や、仮想通貨の抱えるリスクを加味した上で、
仮想通貨の将来性を信じている人は、投資を検討する価値があると言えるでしょう。

ビットコインに関心を持ってみよう

少しでも仮想通貨への投資に興味を持った場合は、
まずシェアNO1のビットコインから始めてみるとよいかと思います。
何故なら、ビットコインに関する情報が一番多いからです。
アルトコインに関する浄法はビットコインに比べるとまだまだ少ないと言えます。

ビットコインに少額でも投資することで、ビットコイン関連のニュースや情報に目が行くようになるでしょう。
ビットコインの上がり下がりや、その理由を考えることで、投資に対する基本知識が身に付くことになると思います。

ビットコインへの少額投資。
ビットコインに関する情報に関心を持つ。

これが仮想通貨投資の第1歩になるかと思います。

ビットコインの価値は上がったの?

では、少しだけですが、ビットコインの値動きに触れてみたいと思います。

ビットコインの価値は上昇
ビットコインを投資対象としてみた場合、ビットコインの価値は上がっています。
例えば、2015年前半はは1ビットコインが3万円前後で買えました。
しかし、2017年1月には10万円を超え、2017年6月からは30万円を超える日も出ています。
つまり、1ビットコイン3万円で買った人が、1ビットコイン30万円の時に売れば、27万円分の利益出たということになります。
もしかすると、今買ったビットコインが10年後に数十倍の価値になるかもしれませんが、
ビットコインは既に大きく寝上がった感がありますので、何十倍は難しいかもしれませんね。

もし、ビットコインのような値動きを期待するのであれば、
先ほどご紹介したアルトコインに投資してみるのも検討してよいかもしれません。
ビットコインに比べて市場規模は小さいですが、その分注目している人も少ないので、
今の内に買っておいて、将来急上昇することを期待して待ってみるのも面白いですね。

例えばDashというアルトコインでは、
2015年1月に2ドル弱だった価格が、2017年3月には110ドルまで上がり、50倍以上の上昇をしました。
夢のある話ですよね。

もちろんその逆もあり、WGCというアルトコインは、約1年で価値がゼロになったそうです。

仮想通貨への投資は、夢もありますが、その逆もあります。
まずはビットコインへの投資で経験を積むのがよいかもしれませんね。

仮想通貨への投資案

後に、これまでの内容を踏まえて、仮想通貨への投資プランを考えてみました。
リスクを軽減しつつ、少額で一攫千金を狙うプランです。

・ビットコイン+アルトコイン10種類くらいを買う。
・売ったりせずに時が来るまで待つ
・保有する仮想通貨の内、どれかが10倍や100倍になれば勝ち!

投資額は全部で1万円とか10万円くらいでこのプランをやってみたら、
面白いかもしれません。
宝くじに1万円使うなら仮想通貨に1万円、パチスロに1万円使うなら仮想通貨に1万円、競馬に1万円使うなら仮想通貨に1万円、と思えば、面白みも高まるかななんて思ってます。
仮想通貨を調べていくうちに、僕すっかり仮想通貨にはまってしまったようです(笑)
ギャンブルは止めて、仮想通貨に投資してみようと思います。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

初心者向け!ビットコイン相場の特徴がわかる5ステップ

仮想通貨のビットコイン   将来に向けて資産運用を考え始める30代前半。

ビットコインの相場の特徴が理解できる

最近は急速にビットコインが高騰し、2017年5月には20万円前後から、30万円弱まで上がったこともあ

5つのポイントですぐにわかる!ビットコイン分裂の危機が起こったワケ。

資産を増やすためにビットコインへの投資を開始したのが今年の5月。順調に値上がりをしていたのに、201

本当に儲かるの?ビットコインの採掘がわかる3つのポイント

ビットコインについて調べていくと「採掘」というキーワードに遭遇。採掘っていうと、金鉱から金を掘り出し