初心者向け!ビットコイン相場の特徴がわかる5ステップ

仮想通貨のビットコイン

 

将来に向けて資産運用を考え始める30代前半。
貯金が貯まってきたし、そろそろ投資をしようと検討している方も多いのではないでしょうか?投資と言えば、株・FX・不動産などが一般的ですが、最近はビットコインも話題になっています。そこで、ビットコインについてご紹介したいと思います。

ビットコインとは?

まずビットコインとは何かをご説明したいと思います。
ビットコインとはコインと名前が付くようにお金になります。
しかし円やドルなどのお金と決定的に違う点があります。
それは「仮想通貨」ということです。
インターネットを通して支払いや送金ができるデジタル上のお金になります。
仮想通貨なので、ドルや円みたいに紙幣や小銭はありません。

例えば、オンラインゲームのゲーム内で使える通貨を買う場合、
円でその通貨を買って、ゲーム内で使用します。

ビットコインも同じように、円やドルといった通貨で買うことができ、
ビットコインを使える場所ではどこでも使うことができます。
ビットコインと円やドルとの交換はWeb上の「取引所」で行うことができます。

ビットコインの特徴

ビットコインはビットコイン同士で送金することができます。
通常、円やドルなどで送金する場合は、銀行などの金融機関を仲介します。
しかしビットコインの場合、金融機関を仲介する必要がありません。
ビットコインを保有する個人同士で直接ビットコインの送金ができます。
また、仲介する金融機関がないので、手数料も無料もしくは安く済むことができます。

ビットコインはお金の流通が世界中に簡単にできることを目指して作られました。
お金の単位は、ドル、円、ユーロ、元と国によって違います。
しかし、ビットコインであれば、単位は1BTCのみです。
ビットコインを保有する世界中の人と自由にお金のやり取りができるようになるのです。他国間の取引が簡単にできるようになるのです。

クレジットカードや電子マネーのように、ビットコインで支払いができるお店も増えてきています。

ビットコインの特徴は暴騰と暴落

ビットコインが投資対象になる理由

そんな仮想通貨のビットコインは何故投資対象になるのでしょうか?
それは、ビットコインという新しい通貨が今後世界中に広がって、その価値が今後上がるだろうと思われているからです。また、ビットコインの総発行量は2140年までに2100万ビットコインと限定されています。 例えば、1ドル400円が1ドル100円になった場合円の価値が上がったことになります。ビットコインも同じように1BTCあたり6万円だったものが1BTC30万円になればビットコインの価値は上がったことになります。つまり価値が低い時に買って、価値が高くなったら売るというのが、ビットコイン投資の基本になります。

ビットコインを短期売買する理由

ビットコインに投資する方法としては、ビットコインを購入して価値があがるまで長期保有する方法もありますが、株やFXと同じようにチャートをみながら短期で売買し、その差分で利益を得る方法があります。そして、その後者の方法が注目を集めています。

ビットコインを短期でトレードする理由は、ビットコインは値動きが激しいといことです。
ビットコインは暴騰と暴落を繰り返す傾向があります。例えば2017年5月には、1週間でその価値が10万円程上下したこともありました。ビットコイン相場の特長は暴騰と暴落と言えるでしょう。

ビットコインの相場に影響を与える人民元

では、ビットコインが暴騰と暴落を繰り返す要因は何なのでしょうか?

セキュリティの不安?

ビットコインはデジタル上の仮想通貨のため、デジタル上のデータが無くなってしまうかもというセキュリティの不安があります。しかしビットコインの仕組み面のテクノロジー面のセキュリティは高いと言われており、ビットコイン内での不正は起こりにくいです。セキュリティ上で問題があるとすれば、不正アクセスや、端末・アカウントの乗っ取りなどで、これらは初歩的なセキュリティ対策の不対応が原因と言えるでしょう。
なので、ビットコインの暴騰と暴落へのセキュリティ上のリスクが与える影響は少ないと思われます。

ビットコイン相場と関係が深い人民元

実は、ビットコインの暴騰と暴落には人民元がとても影響していると言われています。
人民元が安くなるとビットコインは値上がりし、人民元が高くなるとビットコインが値下がりするしています。

例えば、ビットコインは2017年12月後半に約2週間で40%程値上がりし、その後2017年1月5日から1月12日にかけて30%近く暴落しています。この時人民元は急騰していました。そのため、人民元の暴騰がビットコインの暴落につながったと推測されています。また人民元安が進んでいる時に一番価値が上がっていたのはビットコインだったそうです。

では何故、人民元の相場がビットコインに相場に影響を与えるのでしょうか?
考えられるのは、ビットコインに大口投資する人が中国に多い可能性です。中国元とビットコインを売り買いすることで出る利益を狙っていたと思われます。

ビットコイン投資で注目すべき情報

ビットコイン投資をする場合、必ずチェックするべき情報には何があるのでしょうか?

まず、先述したとおり、ビットコインの相場には人民元の影響が大きいので、人民元の動きを観察する必要があります。しかし、中国政府が介入することもしばしばあるので、人民元は先が読みづらい通貨と言われています。とはいえ、人民元とビットコインの暴騰暴落に関係はあるので、投資チャンスや見逃さないためにも、人民元のチャートはチェックした方が良いと言えるでしょう。また損失を回避することにもつながります。

次に知っておきたいのが、ビットコイン自体の危機です。
ビットコインはその取引規模が大きくなった結果、システムの動きが遅くなったという課題を抱えています。

その課題を解決するために、新しいビットコインの規格を作ろうとする動きがあります。そして新しいビットコインの規格を作った場合、古い規格と新しい規格が交換性がなかったり、古い規格のビットコインが使えなくなるかもしれないといった恐れを含んでいます。つまり、古い規格も新しい規格も同時に使えるものが誕生しない場合、ビットコインが分裂してしまうかもしれないのです。もし分裂した場合、取引ができなくなる可能性もあります。ビットコインで投資をする場合、この問題は要注目でチェックした方がよいでしょう。

ビットコインが利用できるバイナリーオプションは?

ビットコインに投資をする場合、バイナリーオプションという選択肢もあるようです。
バイナリーオプションとは、値段が上昇するか下落するかを予想するHight&Low型の投資です。

通貨や株、先物取引などで行われています。
ビットコインでもバイナリーオプションはできるのか調べたところ、オプションビット(Optionbit)で取り扱いがあるようです。オプションビットでは予測ツールも用意されているようです。
ビットコインは値動きが激しいので、バイナリーオプションで投資してみるのも面白いかもしれませんね。

この記事を読んでいる方にオススメの記事

本当に儲かるの?ビットコインの採掘がわかる3つのポイント

ビットコインについて調べていくと「採掘」というキーワードに遭遇。採掘っていうと、金鉱から金を掘り出し

ビットコインの相場の特徴が理解できる

最近は急速にビットコインが高騰し、2017年5月には20万円前後から、30万円弱まで上がったこともあ

5つのポイントですぐにわかる!ビットコイン分裂の危機が起こったワケ。

資産を増やすためにビットコインへの投資を開始したのが今年の5月。順調に値上がりをしていたのに、201

すぐにわかる!ビットコインの入手方法や投資理由がわかる6つのポイント

仮想通貨には何があるの? 一攫千金したい!と思っている方は多いと思います。 僕も億万長者